収入について

男性

タクシー運転手への転職や就職を考えている場合、一番気になるのはどれぐらい稼げるのかということですが、全国平均で見ると年収は350万円程度となっています。この350万円という金額は一般的なサラリーマンよりも少し低い水準になってしまいますが、未経験でも採用されやすいというメリットも考えるとそれほど悪い水準ではないかもしれません。そしてタクシー運転手の収入というのは、地域によって大きく差が出てしまうという特徴があり、地方よりも大都市のほうが高くなる傾向にあります。そのため最も高い地域だと年収が420万円程度になるのですが、最も低い地域はその半分程度にまで下がってしまうことがあるのです。さらにタクシー運転手の収入は、タクシー会社の規模によっても変わってくると言われており、規模の大きな会社ほど高くなる傾向があります。あるデータによると、社員数が10人~99人という規模の会社では年収が300万円程度になりますが、規模が1,000人以上の会社の場合は440万円程度になるという結果が出ています。

合制を選ぶ目的について

ドライバー

そもそもタクシー運転手の給与形態は、基本給に歩合をプラスした「歩合制」が採用されているケースが最も多いと言えます。この歩合制というのは、タクシーの場合だと売り上げが多いほど給料が高くなるというものであり、それぞれの働き方によって金額が変動するという特徴があります。そのため、バリバリ働いてより高い給料を得るという目的で、歩合制を採用しているこの職業を選ぶ人も多くいるのです。先ほど紹介したように、タクシー運転手の平均年収は350万円と高くありませんが、これはあくまでも平均なので、その人の頑張り次第によっては一般的なサラリーマンよりも高い給料を得ることもできます。ですので、500万円以上稼ぐ人も珍しくありませんし、中には1000万円近く稼ぐ人もいると言われているのです。一般的なサラリーマンの場合は固定給が多いため、給料を増やしたい場合でも、昇給を待つか残業を増やすといった方法をとるしかありません。しかしタクシー運転手に多い歩合制であれば、より多く働くことによって収入を大幅に増やすことが可能なのです。そのため、特に短期間で収入を増やしたいという目的を持っている場合に、この職業は向いていると言えるでしょう。あるいは歩合制というのは年齢も関係ないため、20代といった比較的若いときでも、働き方次第で高収入が得られるというメリットもあります。実際に、この職業でもっとも稼いでいるのは25歳~29歳という若い世代だということを示すデータも存在するため、若い人にとって大きなチャンスがある職業だと言えるでしょう。

広告募集中